妙典(市川市)の歯科・歯医者・インプラント

ご予約・お問い合わせ
めぐりデンタルクリニック|ご予約・お問い合わせ
047-712-5530

市川市妙典5丁目4-22

クリスタルコート1F

2022.01.18

仮歯で長期間いるとどうなるの???

【東京メトロ東西線妙典駅 徒歩5分の歯医者】
市川、妙典の歯科医院、めぐりデンタルクリニックの梶原です。

今回は久々に治療関係のことを書こうと思います。

テーマは「長期間するとどうなるのか???」

まず、どのくらいの期間がたっているかというと、三年です。三年間外れない仮歯はどうなるのか?と言い換えてもいいかもしれません。

我々、歯科医師の間でたまーに耳にするのが「きれいな仮歯が入ると患者さんが来なくなる」というもの。仮歯で満足してしまい、通院だ途絶えてしまうので、仮歯はあえて汚く作る、という話も聞きます。

個人的には、とても疑問です。なぜか?「仮歯ってそんなに長く持つものか?」と常々思っているからです。実際の写真を載せます。

↑仮歯が入って三年たっているものです。私の知り合いを治療したものですので、経緯はよく知っております。3年前に仮歯を入れ、そこから外れたことはありません。中に見えるのは、これまた3年前に処置したファイバーポストです。

ご覧になってわかると思いますが、3年もたつと仮歯はすり減って壊れます。外れませんが、壊れるのです。

冠を外した表面と裏面です。外から見ると、パッと見るとすり減り以外はきれいなように見えます。しかし、裏側の中はどうでしょうか?穴の周囲だけではなく、冠の縁となっている部分も汚れているのが見えるのではないでしょうか?

つまり、仮歯で5年、10年などは不可能・・・とまでは言いませんが、被せた時の状態と同じであることはありえない、ということです。大抵、縁の所が虫歯になっていたりします。

これは銀歯でも同じことが言えますね。銀歯の縁の精度もそれほど高くないので、結局はこの仮歯のようなことが起きています。我々、歯科医師が銀歯を強く勧めない理由はここにあります。

また、仮歯の場合、一番の問題はすり減りが早いこと。

すり減ったところを盛り足せばいいじゃないか、と考える人がいると思いますが、そう簡単にはいきません。すり減ったところだけを足すと、そこだけが強くあたるので、強い違和感が出ます。というか、噛み続けると痛くなります。ですので、すり減りをカバーしようとするならば、周辺の歯を削って被せ物の形にして全体を高くするしかないのです。仮歯の土台となっている部分を削る、反対側の歯を削る、という方法がありますが、それは全体の歯を低くする方法になるので、長い目で見ると口の悪くする方向へ向かう方法になります。(なぜそれを進めないかは、こちらをご覧ください。(口全体のバランスを見る治療治療案内 – めぐりデンタルクリニック|市川の歯科 歯医者|インプラント治療 | めぐりデンタルクリニック|市川の歯科 歯医者|インプラント治療 (meguridental.com)))

こういう写真、もしくは結果として歯が悪くなった経験を持ったドクターならば、仮歯のままのデメリットを力説できるはずです。時間がたつと上のようになり、元の状態より悪くなる可能性を秘めているのです。そこまで説明されたならば、入れた直後きれいだからそのままでいいと考える方は、そんなに増えるのでしょうか?冒頭でお話ししたものは、説明不足の歯科医師の話ではないかと私は思うわけです。

併せて、歯の治療を始めたならば、終わりまできちんと通う事を強くおすすめします。治療途中というのは、処置によっては歯を処置前よりも悪くすることがあるのです。痛みがあって通った、「1,2回でよくなったから、通うのをやめた」ということを繰り返すと、我々でも治せない、超ムズカシイ口の問題を引き起こす可能性を秘めています。そうなる前に、早期に手を打つよう、このブログが一人でも多くの人の行動につながったのなら幸いです。

〒272-0111
千葉県市川市妙典5-4-22 クリスタルコート101

めぐりデンタルクリニック

診療時間

受付時間
9:30-13:30 9:00

14:00
15:00-19:00

*最終受付は、診療終了時刻の30分前になります。

休診日
日曜日
診療時間

月〜金

9:30〜13:30

15:00〜19:00

9:00〜14:00

カレンダー

千葉県市川市妙典5丁目4-22    クリスタルコート1F

電話
メール
megurident@gmail.com